スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜庭一樹 「赤朽葉家の伝説」
赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
(2010/09/18)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。
高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる三代の女たち、そして彼女らを取り巻く不思議な一族の姿を、比類ない筆致で鮮やかに書き上げた渾身の雄編。
第60回日本推理作家協会賞受賞作。
ようこそ、ビューティフル・ワールドへ。


文庫版を古本屋で見つけて買ってしまいました~♪
うん、桜庭さんの作品で1番好きな作品です。

この本が5年前に新刊出た際に夢中で1週間本屋通って立ち読みしたのはいい思い出w
(しかもたぶんこれが原因で私の立ち読み癖がつく←)

昔はあまり作家さんを意識して本を読んでなかったので
桜庭一樹さんは“はじめて好きになった作家さん”てなるのかな。
だから直木賞とったときはおどろいたしよろこんだのなんのって!
うわあ感慨深い……年とったなあ←

しまったまた前置きが長い(汗)
はい、感想いきます!w

久々とは言え、再読にも関わらず心動かされる展開。
また、関係ないと思われた話が後々思わぬところで大事になって読者をちゃんと驚かせてくれる意外性も充分w

桜庭さん作品全体に言えることですけど、文章が硬くなくてどことなくかわいい上に情緒溢れるのがまた魅力。

「赤朽葉家」では特に3代それぞれの章で文のイメージが若干ちがうのがまたおもしろい。
桜庭さん本人も意識してイメージを変えているらしく、
万葉の章はどこか神話チックで、
続く毛毬の章は一転して青春と別れと涙の漫画的な章、
そして最後、瞳子の章はなんとミステリーに!
その謎の真相は、
悲しくて、やっぱりどこか神話チックで、時代の変容を感じさせる…
そして、瞳子はこれからどのような人生を歩むのか、“未来”をも意識させる。

昔語りから今。
時代の変容とともに流されていく人々を、そして過去があるから今があり、未来へ続いていく様を描き、
そして、どんな時代でも、
自分の役目とは?人生とは?自由とは?幸せとは?
と、悩み多きこのせかいを生きていくのだからこそ、祈り、めざしていくのだと。

せかいは、そう、すこしでも美しくなければ。


個人的に心あたたまる話でした。
うん、感動しました…
そして語ってしまった恥ずかしい…///
だめですね、夜中テンションで感想書くの。
そしてもっと中身のある感想書けるように精進します…進歩が見受けられませんが、これからも気長に、気長に、あたたかい目で見守っていただければ幸いです(*^^*)
長々ありがとうございました!

以上。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

素晴らしい!

語ってますね!

でも語れる脳があるのっていいことだと思います。

僕は語っても内容ないのでw

最近全然活字よんでないなあ(ノ∀`)
>悶々ジャーさん

ありがとうございます^^

いやいや、なにか語れるような好きなことがあるのが大切だと思います!

最近英語の問題の活字がつらくてついつい日本語活字求めちゃうんです・・・www

プロフィール

塩枝

Author:塩枝
読書、音楽、二次元 を好む気まぐれ女子大生です

詳しい好みはこちら

主に読書感想文を中心に備忘録載せています.つたない文章ですが読んでいただけると嬉しいです^^
ネタバレ苦手な方は注意してください。
気軽に声かけてください! 
相互リンク、ブロともも大歓迎です♪

よろしくお願いしますm(__)m
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
ぽちっとお願いします!
リンク
青空文庫ポケモン王国
Twitter
Twitterやってます。こちらは頻繁に運行中w 気軽フォロー・リプ・RTなど声かけてください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
ごんさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。