FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アガサ・クリスティー 「オリエント急行の殺人」
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2011/04/05)
アガサ クリスティー、Agatha Christie 他

商品詳細を見る

真冬の欧州を走る豪華列車オリエント急行には、国籍も身分も様々な乗客が乗り込んでいた。奇妙な雰囲気に包まれたその車内で、いわくありげな老富豪が無残な刺殺体で発見される。偶然乗り合わせた名探偵ポアロが捜査に乗り出すが、すべての乗客には完璧なアリバイが……ミステリの魅力が詰まった永遠の名作の新訳版。(ハヤカワ文庫あらすじより)

すごくおもしろかったです!さすが名作!
ホント誰だオリエントいまいちだ、て吹き込んだやつwww

とにかく展開に圧倒されました。
実は事件が起きるまでが結構長いなあ、と思ってたのですが、いざ真相がわかってみると伏線が綿密に張りめぐらされていて構成のすばらしさに驚かされました。

結局自分では全然真相解けなかったかすりもしなかった…
ミステリは好きだけど相変わらず推理力はあがりません…(^^;

「オリエント急行の殺人」のおきる原因となったアームストロング事件は実際にあった事件をモデルに、そのままの名前で使っているようです。
さすがに被害者の名前は若干変わっているみたいですが…

権力や金の力によって法律で裁くことのできなかった極悪人の犯人を法に代わって自ら裁く。
「そして誰もいなくなった」も法で裁けない罪を犯した人物が集められ殺されていく話でした。
つまりこのテーマにクリスティーはこだわっていたようです。
これの是非はわかれると思いますが、ポアロはどういう決断をくだすのか?
ポアロの決断こそクリスティーの是非の決断なんだと思います。
ネタバレしたくないので、気になる方はぜひ読んでみてください^^


以上。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

塩枝

Author:塩枝
読書、音楽、二次元 を好む気まぐれ女子大生です

詳しい好みはこちら

主に読書感想文を中心に備忘録載せています.つたない文章ですが読んでいただけると嬉しいです^^
ネタバレ苦手な方は注意してください。
気軽に声かけてください! 
相互リンク、ブロともも大歓迎です♪

よろしくお願いしますm(__)m
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
ぽちっとお願いします!
リンク
青空文庫ポケモン王国
Twitter
Twitterやってます。こちらは頻繁に運行中w 気軽フォロー・リプ・RTなど声かけてください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
ごんさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。