FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芥川龍之介「地獄変」
改編 蜘蛛の糸・地獄変 (角川文庫)改編 蜘蛛の糸・地獄変 (角川文庫)
(1989/04)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


「見たものでなければ描けませぬ」
横柄で高慢な高名の絵師・良秀は、大殿様に依頼された地獄の屏風絵に異常な執念を燃やす。
火にまかれて悶え死ぬ女が見たい、と願い出た良秀に大殿様が遣わしたのは、良秀のかわいがっていた一人娘だった…


お、お久しぶりです…。
全然更新してなくてすみません、なんか最近忙しくて…というより精神的ゆとりがなかったというか…。
その間にもコメントや拍手くれた方、本当にありがとうございました^^

とにかくまた更新再開していきたいと思います。

今日は前々から予告してた「地獄変」感想まとめようと思います。


「地獄変」読んでまず思ったのが、良秀が、天才画家のレオナルド・ダ・ヴィンチに似ているな、てことでした。
彼は人物をより性格に描くため死体を解剖して構造を研究していたそうな。
絵を書くためにリアルを求める、さらに言うとそのためならなんでもやる研究意欲、執念は天才ならではなのかな、と。

あれ、でも芥川もしかしてダ・ヴィンチ モデルにしてたとか…!?
そ、そんなことない大丈夫、原典良秀も研究してるぞおちつけ私…。

とにかく、良秀は天才だからこそリアルを求め、天才ゆえに芸術家として生きざるを得なかったから最後の悲劇が起きたのだと思う。

良秀は自分の願い通り焼き殺される女――娘を見て、知らず車の方へ駆け寄ろうとし、恐れと悲しみと驚き 様々な感情が去来していた“親”または“人”の良秀は、
いつの間にかうれしそうな輝きを満面に浮かべた天才“芸術家”となり、悲しみや助けたいといった人の情を忘れ、恍惚とその景色を眺めている。
それは“芸術家”としていつも絵を描くときの暗い感情で見ていたにすぎなかったのだと思う。

だからこそ、絵を描き上げ、“芸術家”として役目を終えた良秀は自殺してしまう。
それは“人”としての感情を取り戻し、恐れや悲しみに耐えられなくなった末路ではないか。
つまり、ここで人間としと死んだのだと思います。


…と、一段落ついたところで、ちょっと原典・宇治拾遺物語「絵仏師良秀」との関連も書こうと思います。

原典…と言ってもほとんど芥川のオリジナルなんですけど、原典ネタもちゃんとあって、
「先年大火事がございました時に、炎熱地獄の猛火にまがう火の手を、眼のあたりに眺めました。『よじり不動』の火焔を描きましたのも、実はあの火事に遇ったからでございまする。」て良秀のセリフが。
つまり原典より「地獄変」は後、という設定らしいです。

原典とは違う点ばかりですが、登場人物としてその中でも異質なのは大殿様と「良秀」と名づけられた猿。

大殿様は好きな女――良秀の娘が思うようにならないから、自分のものにならないなら死んでしまえ!…というか、好きな女をどうにかしてしまいたい、ていう暗い欲望が芽生えてしまう恋の恐ろしさの権化というか…要するに変態だったのかと…。←

車焼いて最後の最後に青ざめて正気に戻ってやばい…みたいになってたけど…個人的に同情の予知もないです。

猿は真面目に書く。←
娘にかわいがられてた猿の「良秀」は娘が焼かれている車に飛び入って、娘と死を共にする。
猿はもしかしたらその場で“芸術家”になってしまう良秀の“人”としての心の象徴なのかもしれない。


また良秀の話に戻りますが、原典の良秀は妻娘に頓着しないで一身に家焼けるのを見てるだけの一方、「地獄変」の良秀は迷う。
こういうとこからも芥川は“人”として生きるのか“芸術家”として生きるのか問題提起をしている。

芥川の遺作で「歯車」という短編があります。
そこでは芥川が「地獄変」を…というか「地獄変」の自ら創作した良秀を嫌っている描写があります。
そこを簡単に要約すると、

ナポレオンの絵を見てナポレオンが学生だった頃地理のノート最後に「セエント・ヘレナ、小さい島」と書いてあったのを思いだす。
それから芥川自身の作品を考え出して思い出したのが、
「侏儒の言葉」の中のアフォリズム「人生は地獄よりも地獄的である」という言葉と、「地獄変」の主人公、良秀という画家の運命だった。


という部分。
セントヘレナ島とはナポレオンの流刑地で死去した場所。
「セエント・ヘレナ、小さい島」というメモはナポレオン自身を知らず予言していたかのようにも思える。

だから、芥川も、自身の作品に彼自身を予言するものだったかもしれないと感じてさせるものがあった、ということだ。

その予言の1つとして思いついたのが、「地獄変」の良秀。

つまり彼も“人”として生きるのか“芸術家”として生きるのか悩んでいたからこそ生まれたのが良秀なのではないかと思った。


久々の更新に長々gdgd続けてしまった…長文すみませんm(__)m
感想・意見・反論などありましたらご意見いただけるとうれしいです。

最後にこんな駄文に最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!


以上。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

携帯でこんな長文打ったあなたを尊敬しますw
地獄変、夏休みから言っていたものが
満を持しての投稿ですねw
原典あるのは羅生門と一緒な感じなのね?

・・・今日の座頭市おつかれですー^^
>紗柚

つーか、若干忘れてた←
芥川は宇治拾遺大好きだよーw

お互いお疲れ様でしたー(-"-)
プロフィール

塩枝

Author:塩枝
読書、音楽、二次元 を好む気まぐれ女子大生です

詳しい好みはこちら

主に読書感想文を中心に備忘録載せています.つたない文章ですが読んでいただけると嬉しいです^^
ネタバレ苦手な方は注意してください。
気軽に声かけてください! 
相互リンク、ブロともも大歓迎です♪

よろしくお願いしますm(__)m
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
ぽちっとお願いします!
リンク
青空文庫ポケモン王国
Twitter
Twitterやってます。こちらは頻繁に運行中w 気軽フォロー・リプ・RTなど声かけてください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
ごんさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。