スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米澤穂信 『二人の距離の概算』
ふたりの距離の概算ふたりの距離の概算
(2010/06/26)
米澤 穂信

商品詳細を見る


文庫版として出てた4巻までは全部読んでしまったので、ハードカバー版の5巻を探し出して読みましたw
ということで古典部シリーズ5冊目です♪


↓あらすじ

奉太郎達は2年に進学し、古典部にも1年生が1名仮入部してくる
しかし、その1年生は本入部しないことを告げる
しかも、千反田にふくむところがあるようなことを告げる

しかし、奉太郎は千反田がそのようなことをする人間ではないと、何か誤解、行き違いがあると推測し
入部締切日であるマラソン大会の最中、奉太郎はその謎に挑む



新入部員集め!
やっぱりコレは大変ですよね…。
でもうちの学校は歩行部や山岳部など基本何もしない楽な部活が人気なので、もし古典部うちの学校にあったらかなり新入部員集まると思う…。
弦部はコンバス新入生いなくて困ってるというのに…。

ぃゃぃゃ、今回は愚痴じゃない!感想ですよね!
すみません、続けます…(^^;


この5巻はタイトル通り、“二人の距離の概算”により、推理が進んでいきます。

マラソン大会における奉太郎と古典部員の物理的距離と大日向と古典部員、そして“友達”との心の距離。

というよりも、人の心の距離を測る舞台を“マラソン大会”という物理的に距離のわかるものにしたのが、米澤さんのすごいところかもしれません。


いつもそうですが、ものすごく引き込まれる話でした。
過去の回想から彼女はなにを考えていたのかを推理していく

「千反田はそんなことするにんげんじゃない」
という奉太郎の確信はこの1年での信頼関係があるからこそ出てくる言葉であり、2人の、強いては古典部員の結びつきの強さがうかがえてなんか嬉しかったです^^

逆に大日向の人間関係は、“信頼”という言葉とはちょっと違う。
この対比にまたいろいろ考えさせられました。
人間関係って難しいですよね…。

大日向、次もでないかな?
というか早く米澤さん新刊出してくれないかな?wktk


うーん、なんか感想へたくそ…。
精進します(-_-;)

以上!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

Secret
(非公開コメント受付中)

ミッケター(°▽°')
やあバッハよ。ビエロボーイズ副リーダーです。以後お見知りおきを。
まさかビエロボーイズ検索で引っかかるとはwwwww
リンクしても大丈夫ですかー?
>ボツコさん

ちっ、ひっかかったかw
改めてこちらこそよろしく^^
リンクお願いしやす♪


こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
>藍色さん

トラックバック、ありがとうございます^^
こちらもトラックバックいたしました

これからもよろしくお願いします
春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理...
プロフィール

塩枝

Author:塩枝
読書、音楽、二次元 を好む気まぐれ女子大生です

詳しい好みはこちら

主に読書感想文を中心に備忘録載せています.つたない文章ですが読んでいただけると嬉しいです^^
ネタバレ苦手な方は注意してください。
気軽に声かけてください! 
相互リンク、ブロともも大歓迎です♪

よろしくお願いしますm(__)m
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
ぽちっとお願いします!
リンク
青空文庫ポケモン王国
Twitter
Twitterやってます。こちらは頻繁に運行中w 気軽フォロー・リプ・RTなど声かけてください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
ごんさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。