スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹 「1Q84 BOOK2」
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。

「1Q84」の世界に、もし愛があるなら、それは完璧な愛かもしれない――。刊行以来、日本で、世界で、空前の話題を呼んでやまない長編小説。〈毎日出版文化賞受賞〉

(新潮文庫HPより)

おもしろくなってきました…!
“さきがけ”のリーダー暗殺を実行に移す青豆と、“猫の街”のような場所にある病院まで父に会いにいき、確信を得た天吾。
そして現実に反映されていく?「空気さなぎ」の世界…。
どんどん関わりあい、交わりそうで交わらない青豆と天吾の時。

ふかえりと“さきがけ”のリーダーとリトルピープルについても謎が少しわかったような、逆に増えたような…

とにかく、先が気になるので早く3を読みたいです。

以上。
スポンサーサイト
村上春樹 「1Q84」 BOOK1 〈4月‐6月〉
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。

「1Q84」の世界に、もし愛があるなら、それは完璧な愛かもしれない――。刊行以来、日本で、世界で、空前の話題を呼んでやまない長編小説。〈毎日出版文化賞受賞〉

新潮文庫HPより


初・村上春樹です。

図書館に「伏~」借りに行った際にふと思い立って予約してきたんですが思ったより早く着てよかった^^

村上春樹読んでみたいなーて思ってまず思い浮かんだのが、「1Q84」最終巻が刊行されたときのニュース。

深夜から本屋の前にできた行列…そして開店と同時に一気になだれ込む人々の群れ…。
当時このニュース見たとき、この、なんだっけ?出版氷河期?な時代にこの本を買うためにこんなにたくさんの人が…!と唖然としましたのを覚えています…。
そういえばハリーポッターもすごかったな…。

とにかくこのイメージがあったので即決。


いざ読んでみると確かにおもしろいですね。
まだ1巻目なんで展開が全然予測できませんが…
逆にこの展開な読めなささがすごいのかも。

構成としては青豆という女性と天吾という男性の話が交互に語られていく。
最初は全然違う話がだんだん章が続いていくにつれちょっとずつ噛み合っていく…。

作中に出てくるカルト教団はどうもあのオウムをモデルにしてるとか…そういうのも参考にして読み進めて行くようにしようと思います…。

おもしろかったけどまだ正直これといった感想はないかな…
テーマも人間の身勝手さ、とか宗教の存在への疑問?とまだマイチ判然としないけど、思ったよりエロい…(‐‐) てのはよくわかった。←

この本の何が人々をそこまで惹き付けたのか、
1Q84…いや、村上春樹ファンはどうしてそんなにも多いのか。
続きを読んでいろいろわかるといいと思います。


…感想いつも以上にアバウトですみませんでした(-"-)

以上。
プロフィール

塩枝

Author:塩枝
読書、音楽、二次元 を好む気まぐれ女子大生です

詳しい好みはこちら

主に読書感想文を中心に備忘録載せています.つたない文章ですが読んでいただけると嬉しいです^^
ネタバレ苦手な方は注意してください。
気軽に声かけてください! 
相互リンク、ブロともも大歓迎です♪

よろしくお願いしますm(__)m
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
ぽちっとお願いします!
リンク
青空文庫ポケモン王国
Twitter
Twitterやってます。こちらは頻繁に運行中w 気軽フォロー・リプ・RTなど声かけてください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
ごんさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。