スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アガサ・クリスティー 「オリエント急行の殺人」
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2011/04/05)
アガサ クリスティー、Agatha Christie 他

商品詳細を見る

真冬の欧州を走る豪華列車オリエント急行には、国籍も身分も様々な乗客が乗り込んでいた。奇妙な雰囲気に包まれたその車内で、いわくありげな老富豪が無残な刺殺体で発見される。偶然乗り合わせた名探偵ポアロが捜査に乗り出すが、すべての乗客には完璧なアリバイが……ミステリの魅力が詰まった永遠の名作の新訳版。(ハヤカワ文庫あらすじより)

すごくおもしろかったです!さすが名作!
ホント誰だオリエントいまいちだ、て吹き込んだやつwww

とにかく展開に圧倒されました。
実は事件が起きるまでが結構長いなあ、と思ってたのですが、いざ真相がわかってみると伏線が綿密に張りめぐらされていて構成のすばらしさに驚かされました。

結局自分では全然真相解けなかったかすりもしなかった…
ミステリは好きだけど相変わらず推理力はあがりません…(^^;

「オリエント急行の殺人」のおきる原因となったアームストロング事件は実際にあった事件をモデルに、そのままの名前で使っているようです。
さすがに被害者の名前は若干変わっているみたいですが…

権力や金の力によって法律で裁くことのできなかった極悪人の犯人を法に代わって自ら裁く。
「そして誰もいなくなった」も法で裁けない罪を犯した人物が集められ殺されていく話でした。
つまりこのテーマにクリスティーはこだわっていたようです。
これの是非はわかれると思いますが、ポアロはどういう決断をくだすのか?
ポアロの決断こそクリスティーの是非の決断なんだと思います。
ネタバレしたくないので、気になる方はぜひ読んでみてください^^


以上。
スポンサーサイト
アガサ・クリスティ 「そして誰もいなくなった」
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2010/11/10)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る

10人の兵隊さん食事に出かけた、1人が喉を詰まらせて残りは9人の兵隊さん。
 9人の兵隊さん夜更かしをした、1人がすっかり朝寝坊、残りは8人の兵隊さん。
 8人の兵隊さんディーヴォンに遠足、1人がそこに置いてけぼり、残りは7人の兵隊さん。
 7人の兵隊さん薪割りをしていた、1人が斧で真っ二つ、残りは6人の兵隊さん。
 6人の兵隊さん蜂の巣をいたずら、1人が蜂に刺されて、残りは5人の兵隊さん。
 5人の兵隊さん法律の勉強、1人が判事に出世して、残りは4人の兵隊さん。
 4人の兵隊さん海にお出かけ、1人が燻製ニシンに飲み込まれ、残りは3人の兵隊さん。
 3人の兵隊さん動物園を見学、1人が熊に抱きつかれて、残りは2人の兵隊さん。
 2人の兵隊さん日向でおすわり、1人がお日様に焼かれて残りは1人の兵隊さん。
 1人の兵隊さん最後に残った、自分でロープに首くくり…そして誰もいなくなった!」


↑どうにか1行に1フレーズいれたくて結局字が小さくなりました。
読みにくくてすみません…。


ずっと読んで見たかった本。
うん、おもしろかった^^

やっぱりアガサ・クリスティは王道です。
…というか小5の頃ポワロシリーズ結構借りて読んでたはずなんだけど、忘れたなぁ…。
また読もうかな…。

相変わらず前置きが長い!
↓感想。

冒頭から引き込まれる内容でした。

とにかく展開がすごい。
「10人のインデッィアン」を思わせる童謡通りに1人ずついなくなっていく不気味さと、生き残った者同士で疑い合っていく緊迫感。

また、追い詰められた者たちの反応も十人十色。個性を書き表していてすごいと思った。死の安らぎを悟ったり、狂ったり、時にはどんなことでもしてしまう人間の恐ろしさ。

集められた10人は過去に“法で裁けない罪”を犯した人物ばかりで、その罪が徐々に解ってくる展開も見事であるし、逆に“法で裁けない罪”というテーマから社会への批判、というか社会の怖さも感じさせられました…。

最後の犯人の告白文は…真相に感心すると同時に背筋が凍りました。
犯人…私はあまりわからなかったなぁ。
謎解き苦手だし…w
やはり犯人が一番怖かった。
社会や人間の怖さの象徴のように感じました…。


このミステリーとしての楽しさはもちろんですが、同時にいろいろ考えさせられる話でした。


次、クリスティならオリエント急行かな。
でもオリエントの方はイマイチだ、とも聞いたのですが…(-"-)

ポワロもまた読みたいしいろいろ開拓してみようと思います^^

感想は以上ですが、おもしろい記事を発見したので追記に載せておきます。
超ネタバレなのでこっから下はネタバレ上等!ていう方のみ!要注意!!

続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

塩枝

Author:塩枝
読書、音楽、二次元 を好む気まぐれ女子大生です

詳しい好みはこちら

主に読書感想文を中心に備忘録載せています.つたない文章ですが読んでいただけると嬉しいです^^
ネタバレ苦手な方は注意してください。
気軽に声かけてください! 
相互リンク、ブロともも大歓迎です♪

よろしくお願いしますm(__)m
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
ぽちっとお願いします!
リンク
青空文庫ポケモン王国
Twitter
Twitterやってます。こちらは頻繁に運行中w 気軽フォロー・リプ・RTなど声かけてください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
ごんさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。